マナラ ホットクレンジングの7つの無添加とは

マナラ ホットクレンジングには無駄なものが一切含まれていません。その証拠にクレンジングに本来は不要な成分であるものを除外して作られているのです。これらは本来、人の肌のことを考えるよりも、商品の売上や製造販売に対するコストを重視するために用いられる成分です。

マナラ ホットクレンジングが実現した7つの無添加について

今回は、マナラ ホットクレンジングに含まれていないとされる7つの無添加成分を調べてみました。無添加にこだわらなければ簡単に製造できるクレンジングですが、マナラ ホットクレンジングは徹底的に「肌に良い製品を開発する」ことにこだわっていることが伺えます。

 

着色料を不使用

 

化粧品や食品に色を付けるために用いられる成分。人体に有害なものが多く、中でも食品の着色料は強く問題視されている。化粧品においては不要な成分だが、通常肌に付けるものなので、あまりにも見栄えが悪いとよくないということで着色料を使用している化粧品は非常に多い。しかしマナラ ホットクレンジングは着色料を使用していないので、天然由来の成分のみでオレンジ色になっていることがわかる。

 

合成香料を不使用

 

マナラ ホットクレンジングをチューブから出してゲルを手に乗せると、ほのかにオレンジのような柑橘系の匂いがする。それがリラックス効果をもたらすのだけれど、安価な化粧品は天然由来の香料ではなくて、化学合成の香料を使用しているケースが多い。人体への害が問題視されている。

 

鉱物油を不使用

 

鉱物油とは化粧品に使われるミネラルオイルのことである。一時期、純度の低い鉱物油が肌に悪いと問題視されていたが現在では純度の高い鉱物油であれば安全であるということが分かっている。マナラ ホットクレンジングはそもそも鉱物油を使っていないので、そういった心配は無用といえる。

 

石油系界面活性剤を不使用

 

いちばん問題視されている石油系界面活性剤。これが使われていないというのは安心できるし、指標となるいちばんのポイントではないだろうか?

 

エタノールを不使用

 

アルコールは肌に刺激が強いのでエタノール不使用というのは大きい。

 

パラベンを不使用

 

防腐剤の中でも肌に刺激の強い、発がん性物質が確認されているパラベンが不使用なので安心できる。

 

紫外線吸収剤

 

その名の通り紫外線を吸収してくれるケミカルの一つ。人によっては肌の負担になる。

 

肌に危ないと思われる成分の殆どが無添加

 

マナラ ホットクレンジングは肌に危ない、問題視されている成分の殆どが無添加なので、余計なことを考えることなく安心して使うことができます。化粧品の場合の多くは、肌にとって安全・安心に使えるというのが大きなポイント。マナラ ホットクレンジングの7つの無添加のおかげで安心して使うことができますね。