肌に負担がかからないナチュラルメイクとクレンジング

しっかりメイクを落とすには、オイルクレンジングなど、強い洗浄成分を配合したものが多いのですが、こうしたクレンジングは肌の潤いまで奪って、乾燥肌を招く原因となる場合があります。肌のうるおい成分を奪い過ぎないようにするには、メイクや汚れは落とすけれども、肌本来のうるおい成分を落としすぎないクレンジングが理想です。そのためには、植物オイルをたっぷり配合したミルククレンジングや、保湿成分を含んだ石鹸が適しています。穏やかな洗浄力のミルククレンジングには使い方にコツがあり、肌になじませた後、ぬるま湯を足して乳化させるのがポイントです。乳化後、ぬるま湯で湿らせたコットンや海綿で軽くふき取ってから洗い流すと、しっとりと洗い上がります。肌は本来弱酸性なので、アルカリ性の石鹸はミルククレンジングよりも洗浄力が強く、乾燥肌に使用するとつっぱることがあるので、自分の肌状態を見極めて使用する必要があります。また、クレンジング選びの際に考えておかなければならないのは、メイク用品の成分です。毛穴を塞いで肌表面をつるんとみせるファンデーションには合成ポリマーを含むものが多く、成分が肌に密着している分だけ、強い洗浄力が必要になります。肌に負担をかけないためには、強い洗浄力を必要としないミネラルファンデーションやナチュラルコスメを使用して、穏やかな洗浄力のクレンジングを使用するのがお勧めです。