マナラホットクレンジングには以下の成分が配合されています。

 

  • グリセリン
  • DPG
  • オリーブ油
  • (ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル-10
  • (ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル
  • PEG-10ヒマワリグリセリズ
  • ステアリン酸グリセリル(SE)
  • メドウフォーム油
  • パパイン
  • 加水分解コラーゲン
  • アーチチョーク葉エキス
  • ヒアルロン酸Na
  • ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム
  • セレブロシド
  • スクワラン
  • ラウリン酸ポリグリセリル-10
  • オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル
  • α-アルブチン
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • ノイバラ果実エキス
  • オウゴン根エキス
  • マンダリンオレンジ果皮エキス
  • オプンチアフィクスインジカ茎エキス
  • ローヤルゼリーエキス
  • プエラリアミリフィカ根エキス
  • メマツヨイグサ種子エキス
  • 加水分解酵母エキス
  • ポリグルタミン酸
  • セイヨウトチノキ種子エキス
  • ザクロ果実エキス
  • ダイズ種子エキス
  • トコフェロール
  • ヘマトコッカスプルビアリス油
  • サフラワー油
  • ダイズ油
  • ミツロウ
  • ハチミツ
  • ニンジン根エキス
  • アルギン酸Na
  • BG
  • リモネン
  • ペンチレングリコール
  • シアノコバラミン
  • カルボマー
  • フェノキシエタノール

 

上から順番に含有されている量が多い成分が表示されています。いちばん上のグリセリンはホットクレンジングの元となる成分です。大体のホットクレンジングには配合されていると思いますのでご安心下さい。グリセリンには保湿力もあるので、お肌に潤いを与えてくれます。

 

DPGも主に保湿剤として用いられている成分で、食品添加物としても用いられています。ハムやソーセージなどの加工用品にも数多く使われています。しかし、異常なまでの敏感肌の人は使用を控えた方がいいかもしれません。もしも、何かしらお肌にトラブルを抱えているのであればDGPが原因などの可能性もあるので、クレンジングの使用を控えることが大切です。(DPG不使用のクレンジングは少ないので、化粧自体を控えなければいけなくなりますが…。)

PEG-10ヒマワリグリセリズについて

マナラホットクレンジングを使うのであれば、唯一気をつけたほうがいいのが、この「PEG-10ヒマワリグリセリズ」でしょう。これは合成界面活性剤ですので、お肌が弱い人はDPGと同じような製造方法を取られているので気をつけたほうがよいです。しかしながら、クレンジングに界面活性剤不使用なものなどありませんので、あまり過敏になりすぎるのも問題かと思います。

大切なのは自分の肌に合わない成分を知ること

もしもマナラホットクレンジングを使っていて肌に合わないと思ったのであれば、それはマナラホットクレンジングに含まれている何かしらの成分がお肌に問題を与えていたと考えるのが自然です。すぐにでもマナラホットクレンジングの使用をやめて、成分表を見比べて、次回に使用するクレンジングはマナラホットクレンジングと違った成分のクレンジングを使うようにしましょう。